ボディケアは予防することが基本

DP-651S-11

胸の妊娠線には要注意です。お腹にできる妊娠線には注意がいくものの、胸にできるものについては無関心でケアもしていなかった、という人も多いでしょう。
妊娠ではお腹同様におっぱいも膨らみます。急激に体の部位が膨張することで起こるのが妊娠線ですから、胸にできてもなんら不思議はないということを理解しておく必要があるでしょう。

胸の部分だとケアに躊躇してしまうこともあるかもしれません。なぜなら、赤ちゃんにおっぱいをあげなくてはいけないからです。赤ちゃんが口にする場所に、ボディケアクリームやオイルを塗ってもいいものだろうか?と不安になることもあるでしょう。そんなときに選びたいのが安全な無添加成分でできたケア製品です。刺激物を含まない完全無添加のものであれば、赤ちゃんの体内に入ることがあっても安心だといえそうです。

妊娠後期にはお腹の皮膚が最大限膨らんできます。それまでよりもより念入りな保湿ケアが大事になってくるでしょう。この時点で乾燥がひどいな、と感じる場合にはより強い成分のクリームに変えてみる、というのもひとつの方法です。

妊娠線は予防ケアがなによりも重要。なぜなら一度できてしまった妊娠線を消すことは容易ではないからです。
数千円のケアく代をケチってしまって、消すために何万円もかけてしまってはこんな馬鹿らしいことはないですからね。それにお金の問題だけでなく、消すためのボディケアはかなりの長期間が必要になってきますし、完全に消えるという保証もありません。
やはり妊娠中から注意することが大切なのだと言えそうです。

2014年7月27日 ボディケアは予防することが基本 はコメントを受け付けていません。 未分類