育毛剤の効果

DP-404S-05

生え際の薄毛・抜け毛、いわゆる「男性型脱毛症」(AGAとも呼ばれる)」に効果的だとされるのがミノキシジルです。ミノキシジルは発毛剤の成分としても含まれることがありますが、タブレットとして服用することも可能になっています。その効果は頭皮の血液循環を高めて、毛根までしっかりと栄養分を行き渡らせること。血行をよくすることで、髪の毛が改めて発毛することを助ける効果が期待できるのです。濃度が育毛への影響力の指標とされていて、濃度が濃いほどに効果は高まるようです。個人差はありますがミノキシジルを服用することによって、髪の毛以外のまつ毛・眉毛までも濃く太くなったとの報告もあるとされているようです。

生え際の脱毛症は男性特有のものであるとされていて、AGA対応の育毛剤やタブレットにその改善を期待する人も多くなってきています。しかし生え際の抜け毛の原因が男性型脱毛症以外のケースもあります。その場合、男性ホルモンと酵素が結合することによって生まれる脱毛物質の発生が主な原因となっていると言われています。この物質をミノキシジル成分で解消することは難しいとされているため、別の対策が必要になってきます。

一度無くなってしまった髪の復活は可能なのか?この部分が気になっている人も多いかと思われます。つまり抜け毛の進行を食い止める、生え際の後退を止めることはもちろんながら、同時に発毛は可能なのか?という部分にこだわりを持つ人も少なくないということなのです。元通りのフサフサとした状態に戻したいという願いがあるということになります。そのようなときには育毛剤を使った適切なケアができるかどうかが、やはり鍵になってくると言えます。

生え際の復活は通常難しい、とは言われているようですが、生活習慣が原因の場合には適切な育毛ケアをすることで改善されたという例も少なくありませんから、同じ悩みを持っている人としては注目したいところです。育毛剤を使うにしてもミノキシジルなどの薬剤に頼るにしても、結局のところ重要になってくるのは継続的にケアを行っていけるかどうかにかかっています。諦めず長期的に対策していった
人ほど、その効果を実感していることが多いようです。

また年齢が若いほど毛髪の復活へのハードルは低くなります。
代謝が活発な若い人ならば、改善の余地は十分に残っているといえそうです。

2014年7月19日 育毛剤の効果 はコメントを受け付けていません。 未分類