千葉県市川市の思い出

snail-83672_640

一時期千葉県に住んでいました。
市川市の行徳というところです。

割合しずかな住宅街で、コンビニや弁当屋、地下鉄の駅前には家電量販店などもあり
独り者が生活するにはなんの不便もない町でした。
会社からあてがわれたアパートに住んでいたため、住宅費は1万円だけの出費で済んでいたし、知り合いもおらず仕事づけで遊びに行く暇もなく、お金はそんなに必要とはしていませんでした。

そのころに何故かハマってしまったのが「日焼けサロン」です。
地下鉄東西線ですぐの西船橋駅のそばに日サロがあるのを知って、毎週のように通っていました。

何故はまっていたのか、今となっては自分のことながら定かではありません。

その日サロから歩いてすぐのところに脱毛サロンがあったと記憶しています。
20代前半くらいの女の子たちが出入りするのを何度か見かけたことがあります。
千葉は東京のとなりで割と都会ではあるし、若者たちは流行にも敏感なのでしょう。
そういった美容に関する需要もこちらに比べたら雲泥の差があるのに違いない、とその当時は思っていた気がします。

2014年8月9日 千葉県市川市の思い出 はコメントを受け付けていません。 未分類