中間管理職の呼び声

abstract-100355_640

看護師も出世すると何かと大変なようです。

多くの病院で一般職のひとつ上の位として準備されているのが主任というポジションのようです。
主任も役職のひとつであり、経営者側に属する役としている病院も少なくはありません。
そのため今までは認められていた残務手当がもらえなくなったり、病棟勤務であれば収入の足しになっていた夜勤が減らされたりと収入面で不利になることも少なくないようです。

出世したのに以前より手取り金額が少なくなった・・・と嘆いている看護師さんもいるのが現状です。
そのうえに管理者研修、新人・若手の教育、役職者が集まる会議などの機会は増えてきて、負担増は著しいのですからたまらない、という声も聞こえてきます。

その辺を承知しているベテラン看護師は、出世の意思のないことを早い段階で上司に伝えておくというケースも
多いと聞きます。

しかし中間管理職である主任職には誰かが就かなくてはなりません。
仕事量と責任が増すのにも関わらず見返りが少ないとなれば、なり手が少なくなるという状況はしょうがないこと
とも言えます。

2014年8月12日 中間管理職の呼び声 はコメントを受け付けていません。 未分類